ビフィズス菌とオリゴ糖

腸内環境を整えて辛い便秘を改善する期待がもてるビフィズス菌ですが、そのための強力なサポーターがオリゴ糖です。ビフィズス菌の栄養源となって腸内に善玉菌を増殖させる働きがあり、適切に摂取することによって腸内環境の改善が期待されます。オリゴ糖はブドウ糖に比べても消化吸収されにくいため、小腸で消化吸収されることなく大腸まで達することができます。吸収されにくいということは、血糖値の急激な上昇も伴わないということになるので、食事制限されているような方にもオリゴ糖の摂取がすすめられることもあります。

オリゴ糖は、砂糖に代わる甘味料としても販売されていますが、普段の食事から摂取することも可能です。オリゴ糖にはさまざまな種類がありますが、そのひとつである、ガラクトオリゴ糖は、母乳や牛乳などにも含まれているもので、ビフィズス菌が最も好むものです。低カロリーなので、ダイエットを気にしている方にも向いています。オリゴ糖は、サプリなどでも手軽に摂取できますが、量を摂りすぎるとお腹がゆるくなることもあるので、注意が必要です。これは、善玉菌が増えすぎることによるものであり、腸内環境はバランスが保たれる必要があることを示すものでもあります。

Pocket

ビフィズス菌の働き

腸内善玉菌の代表のひとつであるビフィズス菌は、体内で酢酸や核酸などの有機酸を産生します。特に酢酸は強い殺菌力をもっているため、悪玉菌の繁殖を抑制して腸内環境を整える大切な作用があります。また、酢酸には腸の粘膜を保護する作用があるといわれており、酢酸を生成する能力に秀でているビフィズス菌は、病原性大腸菌O157などを予防する効果が期待されています。また、ビフィズス菌は、葉酸をはじめとするビタミンB群をつくる働きもあり、これによって栄養素を効率よく吸収することにも貢献しています。

ヨーグルトや乳製品に含まれている乳酸菌やビフィズス菌を効果的に摂取することで、腸内環境を整えられ、便秘の解消にも期待がもてます。強い殺菌力をもつ酢酸は、お酢として経口摂取することも可能ですが、消化される過程で吸収されてしまい大腸まで届くことができません。大腸のなかでの働きを促したいのであれば、大腸のなかで酢酸を生成するビフィズス菌を増殖させることが重要となるのです。最も重要なポイントは、大腸まで生きたまま届くビフィズス菌を摂取することです。また、一回摂取すればビフィズス菌が腸内にすみつくというわけではないため、毎日継続して摂取することが必要となります。

Pocket

便秘と腸内環境

バランスのよい食事、適度な運動、十分な睡眠、この3つが快適なおつうじのための条件であるといわれています。しかし、毎日の不規則な生活やストレスなどを原因として便秘に苦しむ人は多く、特に女性にとっては深刻な悩みともなっています。便秘は、便意がない状態が長く続いたり、便意をもよおしても排便ができなかったりして、スッキリとした排便感がない状態のことをいいます。便秘には、大腸の機能低下などのさまざまな原因が考えられます。男性よりも女性の方が便秘症で悩む方が多いのには、筋力の弱さも関係しているといわれています。排便するためには腸の蠕動運動を必要としますが、内臓筋とともに腹筋の力も大きく影響するため、排便時のいきみの弱さから慢性的な便秘症になりやすいのです。

また、便秘と密接な関係にあるのが腸内環境です。腸内には、数百種類、数百兆個に及ぶさまざまな細菌がすみついていると言われています。そのなかには、人間の体によい影響を及ぼしてくれる善玉菌とともに毒素や老廃物をつくりだす働きがある悪玉菌、日和見菌などが含まれており、バランスをとり合いながら腸内環境を維持しています。不規則な生活やストレス、脂肪多い食生活や加齢などによって、腸内環境のバランスがくぐれてしまうと善玉菌よりも悪玉菌の数が多くなってしまい、便秘をはじめとしたさまざまな体の不調の原因となることが明らかになっています。したがって、腸内細菌のバランスを保つことが健康のカギともいわれており、ビフィズス菌などの善玉菌を増殖させる必要があるのです。当サイトでは、便秘の改善に役立つビフィズス菌について解説します。

Pocket